believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

嫁ちゃん

そろそろ、する?と嫁ちゃんに

オカンの命日。 命日といっても、ウチに仏壇があるわけでもなく、お墓があるわけでもないので、通常の一日だ。 墓を管理している、遠くに住む兄貴に、花だけ贈る。 嫁ちゃんが「できるだけ賑やかな花を」と注文した。 まあ、確かに、白いユリだけとか、ちょ…

しょうがない。朝、嫁ちゃんのベッドに

ここ何日も嫁ちゃんと口をきいていない。でも、そんなことをいつまでも続けている意味がない。意味わからん。たまには、嫁ちゃんが折れればいいのに、そんな気配はない。しょうがないなあ、まったく。 もうしょうがない。朝、嫁ちゃんのベッドに潜り込もう。…

第一四半期、夫婦の営み記録

4月に入り、世間では新年度だそうで。 僕はといえば、相変わらずで。 そこで、第1四半期の、夜の夫婦生活記録。 記録は・・・ ・・・ ・・・ 1回。 3ヶ月で、1回。 それも1月2日。姫始めのみ。 回数が大事とか、言うつもりもないけど、しかし、いろいろ…

嫁ちゃんのクリちゃんの形状については

昔、嫁ちゃんを剃毛したときの話。 下の毛の話。 なんで剃毛しようと思ったのか忘れたけれど、おそらく、ただの興味本位。 嫁ちゃんは、「えええーいやだなあ」って、乗り気じゃなかったけれど、まあ、一度くらいは・・と。 両サイドから、カミソリでジョリ…

嫁ちゃんの熱とすっぱい匂い

嫁ちゃんが、「熱がある」という。 おでこを触っても、まあ微熱?かな、って感じ。 測ると37.2度。ちょうど、微熱だな。 ベッドで寝ている。 夜、「今日はお風呂に入らない」というので、着替えさせてあげようか?と親切心で提案するも、「結構です」とのこ…

ちょっと仕事でしくじって、クライアントへ謝罪に。

ちょっと仕事でしくじって、クライアントへ謝罪に。 やっちまったなあ、電話では怒ってたなあ・・ で、相手方の事務所に到着して、とりあえず、謝罪。 謝罪していると、事務員の女性がお茶を持ってきてくれた。 謝罪しながら、ちらっと見てみると、どこかで…

大寒波。仲直り性交

今年に入って何度目かの大寒波が来ている。 僕の住む南九州は、寒いことは寒いが、大雪までは降らない。 しかし。 しかし、僕たち夫婦の間には、誰も近寄れないウルトラ大寒波が。 週末の間、子どもたちは学校やら遊びやらで、家にいない。 家には、僕と嫁ち…

嫁ちゃんと無言のケンカ

あれです、あれ、例の、嫁ちゃんと無言のケンカ。 もう2日目、3日目? いやいやいやいや、今年はそうならないように、と誓ったにもかかわらず。 まだ、今年に入って20日ちょっとですよ。

合格はうれしいけれど、ひゃっほーー!っていうほどではない、と嫁ちゃん

子どもの受験が終わり、無事合格した。やれやれ。 やっぱり、子どもが何かに合格するっていうのは嬉しいものだけど、嫁ちゃんは、 「合格はうれしいけれど、ひゃっほーー!っていうほどではない」 という。 なぜ?と訊くと、 「まあ、自分が合格したわけじゃ…

午前中は危なかった。ちょっと気を抜くと

嫁ちゃんは、昼休みにいったん家に帰ってくる。 帰ってくるなり、 「午前中は危なかった。ちょっと気を抜くとオナラが出そうで、ひやひやだったよ」 ・・・・ 膀胱炎の治療のために飲んでいる抗生物質の副作用で、お腹の調子が悪くなるらしい。 「でもなんと…

膀胱炎の誕生日

嫁ちゃんの誕生日。 しかし子どもたちは塾やらなんやらで昼過ぎまでいない。 午前中、嫁ちゃんと僕二人きりではあるものの、嫁ちゃんは絶賛膀胱炎発症中で、性行為は控えるように、とのお達しが出ており、その行為およびそれに付随する行為は嫁ちゃんに許可…

嫁ちゃん 膀胱炎

嫁ちゃんが膀胱炎に。 昨日からどうも調子が悪い、頻尿だ、膀胱炎かも、と言っていたんだけど、今日になって泌尿器科受診にて膀胱炎確定。 うーーーーー、つらいーーーーってうなってる。 知らなかったのだけど、膀胱炎にかかるのは、泌尿器系の形状の違いか…

とても久しぶりに嫁ちゃんとバックでしてて

この前、とても久しぶりに嫁ちゃんとバックでしてて、、、まあそういう話。 冬はフトンから出たくないので、後背位とかしない。お尻が寒いし。 でも何となく盛り上がって、久しぶりにしてみようか、と。 で、その最中、嫁ちゃんのお尻を両手で撫でるんだけど…

嫁ちゃん、女子会。午前様。

嫁ちゃんが女子会、とか。6時に車でこじゃれた飲み屋に送っていった。帰りはタクシーにするから、と言っていたが、一応迎えに行けるように、僕はビールを我慢していたわけよ。 で、11時、12時、・・・。LINEで「もうちょっとしたら帰るから、先に寝てて」と…

嫁ちゃんが”無くなった”と言っていたブルーのローター

いよいよ年の瀬の朝。携帯アラームが鳴って目が覚め、嫁ちゃんのベッドに潜り込む。うーんと言いながら嫁ちゃんはいつものように僕に背を向ける。なので、遠慮しながら後ろからおっぱいを触る。 携帯がスヌーズで鳴る。 スヌーズを止めながらパンツ越しにお…

脱がせて → 穿かせた

隣町の友達と遊ぶ、という子どもを誰が送迎するか、という、どうでもいい問題で、嫁ちゃんと争い。→ 無言の冷戦状態。 僕たちの場合、下手すると、これが1週間も続く。こんな、くだらないきっかけで。それじゃあいかん、と思い、今朝は、嫁ちゃんのベッドに…

大変だったのよ。今日は。

嫁ちゃんが、仕事から帰ってきて言うには・・ 事務所が寒くてさ、 しょうがないから、電気ストーブを買ってきて、 机の下に置いたら、すごく暖かくて、 ウトウトしそうになってきて、 そしたら、なんだかお腹の調子が悪くなってね、 ウトウトして、ちょっと…

ヒョウ柄パンツ。嫁ちゃんの

嫁ちゃんのパンツを買った。 パンツといっても、いわゆるパンツ、ではなく、おパンツ、いやパンティのほう。 嫁ちゃんが、糸のほつれたパンツなんかを穿いていると、ちと切ないので、定期的に新しいパンツを買って、配給している。 どんなのを買うのかは、嫁…

(小さな)胸に顔を押し付けると

朝、時間がない中、嫁ちゃんのベッドに潜り込み・・ ささっと、パジャマの下を脱がせる。 そして、覆いかぶさる。 ヤル気はあるものの、実のところ、あまり勃起していない。 性欲は上向き、チン棒はうつむき。この矛盾。 (迷惑そうな)嫁ちゃんに挿入を試み…

ローターを見つけた?

嫁ちゃんとずいぶん、ご無沙汰なので、そろそろしませんか?オーラを出しているつもりなんだけれど、きっと伝わっていない。 なので、朝キッチンに立つ嫁ちゃんのお尻を触ったりして、しようよ、したいんですよ、をアピール。 そうしているときに、ふと思い…

嫁ちゃん「まあ、男と女は違うからねえ」

溜まってきたら、どうします? ひとりで処理?まあ、それもいい。 でも、いつもひとりで処理っていうのは嫌じゃない? なので! なので、テレビを見ている嫁ちゃんの、シャツをめくってオッパイを見てみた。 嫁ちゃんは、「何!?」と、めんどくさそう。 な…

僕はと言うと、ほら、下の方

嫁ちゃんは、簿記だか何だかの試験を受けるといって、夜、勉強している。 まあ、勉強しているんだか、居眠りしているんだか分からないけれど。 僕はと言うと、ほら、下の方、下半身のほうが溜まってる。 溜まってはいるものの、仮にも試験勉強をしている嫁ち…

嫁ちゃんの便について確認

珍しく、家の固定電話に着信。 「こちらは健康保険センターですが、奥様の携帯にお掛けしたのですがつながらないため、ご自宅にお電話差し上げました」と男性職員の声。 嫁ちゃんは先週、市の人間ドックを受けてた。 「人間ドック受診の際に、検便の提出が無…

お腹も丸出しだし

11月も半ば、ここ南九州も涼しくなってきた。 朝、5時。 アラームが鳴って、まだ寝ぼけている嫁ちゃんに覆いかぶさり、Tシャツをまくしあげて、お乳首を吸わせていただく。 すると嫁ちゃん、 「う、う、う・・・・・・うううーーー・・・・・・、寒い!」 そ…

何だか、できる夫っぽくない?

いよいよ嫁ちゃんの車の車検が迫ってきて、さっさと買い替えなきゃ、と。 嫁ちゃんの希望もあり、軽はやめて、コンパクトカーに。 しかし非常に残念なことに、ここのところ、懐具合がよろしくなくて。 しょうがないので「お求めやすいグレード」にしようかな…

朝、嫁ちゃんの乳首に

朝、嫁ちゃんの乳首に触れてみた。 乳首さん、お久しぶり。2ヶ月半ぶり。 この2ヶ月半、何をしていたかというと、何もしていない。 何だか、流れが悪いというか、嫁ちゃんともすれ違い。 いや、すれ違えるほど近くもない。 こっちの端とあっちの端くらい、遠…

5年てさ、長いよね。

嫁ちゃんの車が、ガタついてきたので、買い替えようとしている。 「次はハイブリッドがいいなあ♡」とかいう。 よほど長距離を走るなら、ハイブリッドを買ってもモトが取れるけど、実際そんなに走らないしなあ・・・無駄じゃない?と思ったものの、口に出して…

遠慮して、掌で、乳首を転がす

休日の朝。 休日の朝にしては、確かに少し時間が早かった。 嫁ちゃんはもう少し、寝ていられる時間だ。 ところが僕は、朝から父兄の会のイベントがあって、もうすぐ出かけなきゃならない。 だから、ちょっと早いかな、と思ったものの、嫁ちゃんのベッドに横…

嫁ちゃんの足指が気持ちワルイことに

足の指の骨を折った、という嫁ちゃんを連れて、昨日の病院に。 今日は整形外科医が来る日だという。 レントゲンを見たドクターは、「うーん、脱臼かなあ」 そういいながら、嫁ちゃんの足の指を触って・・・・・ポキッ っと骨をはめ直した。 嫁ちゃんは「ひぃ…

呪われた学園?

子どもの通う学校では、この春から教職員のケガ、病気が続いている。 最近では、子どものクラブの顧問。足を折って入院している。 もうすぐ遠征の予定があるけれど、顧問がいなければ行けない。微妙なタイミングだ。 で、今日。 クラブで、とある高所作業を…