believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

嫁ちゃん

(小さな)胸に顔を押し付けると

朝、時間がない中、嫁ちゃんのベッドに潜り込み・・ ささっと、パジャマの下を脱がせる。 そして、覆いかぶさる。 ヤル気はあるものの、実のところ、あまり勃起していない。 性欲は上向き、チン棒はうつむき。この矛盾。 (迷惑そうな)嫁ちゃんに挿入を試み…

ローターを見つけた?

嫁ちゃんとずいぶん、ご無沙汰なので、そろそろしませんか?オーラを出しているつもりなんだけれど、きっと伝わっていない。 なので、朝キッチンに立つ嫁ちゃんのお尻を触ったりして、しようよ、したいんですよ、をアピール。 そうしているときに、ふと思い…

嫁ちゃん「まあ、男と女は違うからねえ」

溜まってきたら、どうします? ひとりで処理?まあ、それもいい。 でも、いつもひとりで処理っていうのは嫌じゃない? なので! なので、テレビを見ている嫁ちゃんの、シャツをめくってオッパイを見てみた。 嫁ちゃんは、「何!?」と、めんどくさそう。 な…

僕はと言うと、ほら、下の方

嫁ちゃんは、簿記だか何だかの試験を受けるといって、夜、勉強している。 まあ、勉強しているんだか、居眠りしているんだか分からないけれど。 僕はと言うと、ほら、下の方、下半身のほうが溜まってる。 溜まってはいるものの、仮にも試験勉強をしている嫁ち…

嫁ちゃんの便について確認

珍しく、家の固定電話に着信。 「こちらは健康保険センターですが、奥様の携帯にお掛けしたのですがつながらないため、ご自宅にお電話差し上げました」と男性職員の声。 嫁ちゃんは先週、市の人間ドックを受けてた。 「人間ドック受診の際に、検便の提出が無…

お腹も丸出しだし

11月も半ば、ここ南九州も涼しくなってきた。 朝、5時。 アラームが鳴って、まだ寝ぼけている嫁ちゃんに覆いかぶさり、Tシャツをまくしあげて、お乳首を吸わせていただく。 すると嫁ちゃん、 「う、う、う・・・・・・うううーーー・・・・・・、寒い!」 そ…

何だか、できる夫っぽくない?

いよいよ嫁ちゃんの車の車検が迫ってきて、さっさと買い替えなきゃ、と。 嫁ちゃんの希望もあり、軽はやめて、コンパクトカーに。 しかし非常に残念なことに、ここのところ、懐具合がよろしくなくて。 しょうがないので「お求めやすいグレード」にしようかな…

朝、嫁ちゃんの乳首に

朝、嫁ちゃんの乳首に触れてみた。 乳首さん、お久しぶり。2ヶ月半ぶり。 この2ヶ月半、何をしていたかというと、何もしていない。 何だか、流れが悪いというか、嫁ちゃんともすれ違い。 いや、すれ違えるほど近くもない。 こっちの端とあっちの端くらい、遠…

5年てさ、長いよね。

嫁ちゃんの車が、ガタついてきたので、買い替えようとしている。 「次はハイブリッドがいいなあ♡」とかいう。 よほど長距離を走るなら、ハイブリッドを買ってもモトが取れるけど、実際そんなに走らないしなあ・・・無駄じゃない?と思ったものの、口に出して…

遠慮して、掌で、乳首を転がす

休日の朝。 休日の朝にしては、確かに少し時間が早かった。 嫁ちゃんはもう少し、寝ていられる時間だ。 ところが僕は、朝から父兄の会のイベントがあって、もうすぐ出かけなきゃならない。 だから、ちょっと早いかな、と思ったものの、嫁ちゃんのベッドに横…

嫁ちゃんの足指が気持ちワルイことに

足の指の骨を折った、という嫁ちゃんを連れて、昨日の病院に。 今日は整形外科医が来る日だという。 レントゲンを見たドクターは、「うーん、脱臼かなあ」 そういいながら、嫁ちゃんの足の指を触って・・・・・ポキッ っと骨をはめ直した。 嫁ちゃんは「ひぃ…

呪われた学園?

子どもの通う学校では、この春から教職員のケガ、病気が続いている。 最近では、子どものクラブの顧問。足を折って入院している。 もうすぐ遠征の予定があるけれど、顧問がいなければ行けない。微妙なタイミングだ。 で、今日。 クラブで、とある高所作業を…

仲直りクンニは

仲直りセックスっていうのは、そう簡単じゃない。 いや、セックスして、終わった後は、仲直りできるとは思う。でも、そこに至るまで、あるいは、その始まりの部分が難しい。 険悪だった二人が、なんとか解決の糸口を探して、一つのベッドに入り、これまでの…

あの時に、アソコにくっついているティッシュペーパー問題。解決法。

パートナーと性交しようとしたとき、膣の、小陰唇あたりにアレが、トイレットペーパーの端切れが付いていた時、どうするか。 そういった状況は、多分にあり得る。 シャワーを浴びた直後ならともかく、そうでなければ、ペーパーの切れ端くらい、付いていても…

旦那の脱いだ靴下問題。これが問題だったとは。

世の中には、脱いだ靴下をそのまま ほったらかしにて、奥様に怒られる旦那がいると聞く。 僕は、そんなことは無い。 脱いだ靴下は、くしゃくしゃを伸ばして、裏表を直して、洗濯機に入れる。 完璧だ。誰も文句も言えまい。 ・・・と思ってた。 それが・・・ …

そんなことを思い出しながら、嫁ちゃんとシックスナイン。

嫁ちゃんと、69。シックスナイン。 ヤリタイ盛りの20代ならともかく、40も超えた大の大人が、69、する? します? しましたか、最近? いやいや、今や20代でも、草食系の優しい人たちは、そもそもそんなことしない? 69なんて、風俗のプレイ以外、絶滅…

女性のパンツは誰が洗濯するのか問題は問題?

ハフポス記事。「男尊女子」。 「あと20、30年も経ったら、妻のパンツや娘のブラジャーを夫が洗濯するのも、当たり前のことになっていくと思う。そこに抵抗感を覚えるのは過渡期の人間の感覚なのかな、と思います」 いえいえ、もう洗濯してます。嫁ちゃんの…

回想。性生活。嫁ちゃんと。

今日は忙しかった。でもブログに書くネタでもないので、下書きに入れっぱなしの記事を見直してみた。たくさんある。夜の夫婦生活系が多い。 ・・ああ、こんな時代もあったねえ・・・ ・・・って、これ、今年の正月の話だ。はるか彼方、大昔のような気がする…

あのー、したいんですけど、と言ってみた。嫁ちゃんに。が。

1ヶ月、いや2ヶ月近くご無沙汰で、すっかりたまった僕は朝、嫁ちゃんに言ってみた。 「あのー、セックスしたい」と、2回。 1回目、小声で言ったものの無反応だったので、念のため、もう1回言ってみたわけ。 すると「はい、はい」。 なんだ、聞こえてたんじゃ…

ヘアー丸出しにもかかわらず

僕のことを「冷たい」と言った嫁ちゃんとの間に、軽い亀裂が。 僕たちの間に亀裂が入るのは、よくあることだから、驚きもしない。 でも、困ったことに、僕が、ほら、あれ、ちょっと溜まってる。溜まっちゃってる感じ。ここ最近、ご無沙汰だし。で、僕のこと…

トイレから 「すみませーーん」と僕を呼ぶ声

嫁ちゃんが「もー大変だー」といいながら、帰宅。 そのままトイレに。 で、しばらくして、トイレから、 「すみませーーん」と僕を呼ぶ声。 「あのー、すみませんが、私の新しいパンツを持ってきてください。生理用のやつ」 どうやら、買い物中に、えらいこと…

第2四半期。夫婦生活の記録

7月に入ったてことは、今年も半分が終わったってこと? うそでしょ!? 嘘ではないようなので、今年第2四半期の僕たちの夫婦生活の記録。 4月ー2回 5月ー3回 6月ー0回 6月ゼロ。 なんだか、倦怠感っていうか、もっとひどいっていうか。 なんか、おわった…

毛虫を育てている感じに

ツマグロヒョウモン、っていう毛虫。 黒をベースに、赤っぽい柄の、かなり、イケてる毛虫。 画像はかなり、あれなので、ググってください。「ツマグロヒョウモン 毛虫」で。 それが、それらが、庭のパンジーに、大量に、いる。 ツマグロヒョウモンは、食べ物…

生協。試食。セルシオ。

回転ずし屋で、お腹もいっぱいになった午後7時半、明日のお弁当の買い物のため、生協に行きたい、と嫁ちゃん。 なぜ、生協か。試食があるから。 それも、午後7時半を過ぎると、売れ残っているお惣菜がたんまりと試食に回るらしい。 試食があるったって、今、…

いったい、どう思います、奥さん。

休日の朝。 嫁ちゃんのベッドにもぐりこんでみる。 すると、「ずっと我慢してた」という。 我慢してた?何を? 「トイレ行ってくる」 トイレかよ。 ベッドに戻ってくると、「楽しみにしてたのに」という。 ・・楽しみにしてたのに?性交を? 「今日は、朝寝…

午後、コメダ珈琲にて嫁ちゃんと語る

午後。 仕事から帰ってきた嫁ちゃんが「お茶でも飲みにいかない?」と。 ここのところ、夫婦仲がいいので、行くことに。 最近できたばかりの、近所のコメダ珈琲。 もう午後3時過ぎだというのに、お客でいっぱいだ。 僕「たっぷりアイスオーレ」、嫁ちゃん「…

「今日は手抜き料理~」と。

嫁ちゃんが、「今日は手抜き料理~♪」と。 レトルトカレーと、生協さんが作ったサラダ。 ・・うむ、けっこう、おいしい。 レトルトカレー、恐るべし。 カレーをかける前に、ご飯の上にとろけるチーズを置いておくと、なお良。 嫁ちゃんいわく「レトルトカレ…

コメダのコメ吉

うちの近くに、コメダ珈琲ができた。 特に興味は無いんだけど、新しいし、行きたい、と嫁ちゃんが言うので、行ってみた。 カフェオレと、からあげクンみたいなおツマミがあったので、それを頼む。 「カフェオレと、コメキチ、お願いします」 それを聞いた嫁…

「人を動かす」誰を?誰を?

図書館で借りた「人を動かす」by D.カーネギー。 なかなかおもしろくて、リビングで熟読していると、嫁ちゃんがのぞきこんで、 「何読んでるの?」 「人を動かす?、なにそれ?」 「誰を動かすの?誰を?」 ・・ ・・僕が、額に「亞」の字を作って、嫁ちゃん…

でも、おっぱいまでは触らなかった。

朝、久しぶりに、ずいぶん久しぶりに、朝食を作っている嫁ちゃんの後ろから腕を回し、腰を押し付けてみた。 なぜ久しぶりか、というと、ナゾの冷戦が続いていたから。 それがGWのあわただしさもあって、氷も少し解けた。 僕たちは、長い冷戦と、短い平和を繰…