believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

北風ふうちゃんの、ささやき声が、聞こえていた。

 

北風ふうちゃん。小学校の頃のクラスメート。

ちょっと変わった名前。

ほんとは、ふみこちゃん、だったかな。

 

さほど仲良しでも、抜群の美人でもなかったが、記憶に残ってる。

なぜか。

 

10代のころ、僕の耳元で、ささやく誰か、がいた。

ちょっとハスキーで、でも、語尾がやや高くなる声。

聞こえるか聞こえないか、ぎりぎりの小声。

僕だけにしか、聞こえない声。

 

その声の主が、まさに、北風さんだった。

北風さんの話し声と、同じ。

なぜ、北風さん?

北風さんに恋心?いやいや。別に。

 

大学に入って、同窓会があり、久しぶりに北風さんに再会。

せっかくなので、彼女に、

「なぜだかずっと、あなたの、ささやき声が、聞こえるんだ」

と伝えてみた。

クサい、ナンパみたいだな。

 

それから僕たちは、付き合いはじめて、やがて結ばれ、夫婦に・・・。

そんなことは、全然ない。

 

北風んさん「へ~」って言って終わり。

 

それから、ささやき声は、聞こえなくなったような気がする。

北風さんとは、それ以来、一度も会っていない。

 

https://instagram.com/p/wLCmZFmhLd/