believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

そういうつもりじゃなくても、だます人。だまされる人。訴訟。

 

まっとうに生きていると、人をだましたり、だまされることはない。

そう思っていたが。

 

昔の話。

クライアントの石野さんは、建築会社経営。

家を建てるには、たくさんの会社、人が絡む。

石野さんは、とてもいい人で、協力会社との関係も良好。ホームページも好評。

 

そこに、ホームページを見て、東京からAさんがやってきた。

Aさんは、実業家で、建築家で、アイデアマンで、劇作家で、つまり、よくわからない人。いっしょに、エコ建築に関する事業を立ち上げよう、ということだった。

 

イデアと、瞬発力と、機動力に富む、Aさん。国や、県の補助金を取り付けて、ある事業を始めた。数千万単位のプロジェクトだ。

僕も誘われたが、僕の本業じゃないし、やんわり断った。

 

事業が始まって、こまごまとした作業が山積みの中、Aさんは、突如いなくなった。

支払われた補助金は、どこにいったのやら。事業は、止まった。

 

石野さんは「事業主から訴訟を起こされて、大変だよー」と、やや疲れ顔。

正直、僕は、その事業に参加しなくて良かった、と思った。まじで。

 

その後の話では、Aさんは今回に限らず、あちこちで訴訟騒ぎを起こしているらしい。

イデアと機動力にすぐれてはいるが、最後までやり遂げることは無い人。そういうタイプの人だったんだと思う。

巻き込まれた人は、たまったもんじゃないが。

 

Aさんにとっては、アイデアをもとに、スタートアップすることが、すべて。

そこに醍醐味を感じるんだろう。人をだますつもりなんて、おそらく、毛頭無い。

 

でも結局は、だましたんだし、石野さんは、だまされたんだよな。

ある意味、Aさんは、僕のビジネス上の先生だ。反面だけど。

 

https://instagram.com/p/7KX5ksmhMH/

 

 今週のお題「思い出の先生」