believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

押しの強いセールスマン氏に、新たな対応。

 

事務所に来客。客、といっても、セールスマン。

事務所は普通の民家だから、セールスマンもたまに来る。

 

「ここはご主人の土地ですか?裏の土地は使っていないみたいですが、アパートを建てませんか?駅からも近いし、きっと需要がありますよ。」

 

これまでは、セールスマンに、かなり簡潔に対応していた。

「いえ、いりません」ガチャ、的な。

 

なぜなら、僕は訪問セールスマンから、商品を買ったり、宗教に入ったり、下水管の掃除を頼んだり、新聞を取ったり、外壁の塗装を頼んだり、決してしないから。

 

全く契約する気が無いのに、セールスマン氏の時間を取らせてしまうのは、セールスマンの仕事の邪魔になると思って。

だから「僕に話しても、あなたの時間の無駄ですよ。まったく脈はありません。もう来ないで」的、対応をしていた。

 

しかし。

 

しかし、この対応って、かなり冷たいよな。セールスマン氏も仕事とはいえ、飛び込み営業は大変だろうし。そんなふうにも、最近、思ってた。

 

なので、ちょっと話を聞いてみた。親の土地だから、僕に話しても何にもなりませんよ、と何度も念押しして。

 

すると、最初は玄関の外で話していたセールスマン氏が、是非御両親にお話を通してください、2種類ご提案があるんです、相続税対策にもなります、30年家賃保証です、パンフレットをどうぞ・・・って玄関の中に入ってきて力説。

 

すごいなあ、まったく興味ないよって言ってる相手に、この熱意。見習う点があるなあ。

でも、こんな勢いでこられると、僕はいいけど、家庭の主婦なら怖いだろうな。下手すると、玄関から居間にまで上がってきそうだ。

 

しばらく話して、話が終わりそうにないので「じゃあ、仕事があるから、じゃあね」って帰ってもらった。こんな対応で、果たしてよかったんだろうか。

 

https://www.instagram.com/p/BAi0MBDmhKt/

 

 

今週のお題「20歳」

後に結婚することになる、今の嫁ちゃんと付き合い始めた歳。随分昔の話だなあ。