読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

捨てちゃうぞ!っと思ったけど、やっぱり、スキャンした。嫁ちゃんからの手紙

 

引っ越しで出てきた、古い手紙とか日記とか。

サクッと捨てるつもりが、ちょっと読み返してみると、なかなか面白かったりする。

捨てちゃうと、もう二度と、永遠に、間違いなく戻ってこない。

そう思うと、サクッと捨てづらくなって、結局、日記をスキャンした。

自分の日記を。

ほら、いつか「自分史」を書くときに参考にしようと・・・(書くわけない)。

 

で、問題は、手紙。

 

親友の男友達からの手紙。

あの頃はまだメールも無くて、紙の手紙を出してたんだなあ。っと思いながら捨てた。

まあ、あいつらとは、また会えるし。

僕がいつまでも昔の手紙を持っていると、あいつらも気持ち悪いだろうし。

 

昔、付き合っていた女の子からの手紙。

サクッと、捨てた。

・・・なーーんて。

捨てられない・・。我ながら、メメしい。ほんとに。

以前「女は上書き保存、男は名前つけて保存」とか聞いたときは、あほらしいこと言うなあ、って思ってたけど、まさに、そのとおり。名前を付けて保存しちゃった。

逆に僕が出した手紙なんて、彼女たちは、別れた後、すぐに捨ててるはずなのに。

 

そして、とどめは、嫁ちゃんからの手紙。

まだ結婚する前の、ういういしい手紙。

僕のことを「だーーい好き」とか、書いてる。まじで。

いや、本当なんです。そう書いてるんですから。

今の、憎々しい嫁ちゃんに、見せてあげたい。

「あなたは、昔、こんなことを言ってたんですよ、その口で!」

「あの口は、どこに行ったんですか?どこに行っちゃったんですか!?」

 

・・・

 

捨てちゃうぞ!っと思ったけど、やっぱり、スキャンした。

名前を付けて保存した。

嫁ちゃんにあげた手紙は、きっと、もう捨てられているというのに。

 

 

https://www.instagram.com/p/-sJpkNmhEU/

 

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」

https://www.instagram.com/p/8eUI8wmhKV/