believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

このヒナスズメの懸命さ

 

昨日、保護したスズメのヒナ。

 

巣から落ちたのか、親鳥からはぐれたのか、それにしても、ヒナが1匹で、親鳥に似ても似つかない巨大な生き物(僕)に対して、ピーピーピーピーとエサをせがむ、その生に対する純粋さというか、必死さというか、一歩間違えりゃ、一口でパクッって食べられて終わりになるかもしれないのに、そんなことはお構いなしな懸命さにちょっと心揺らいで、結局、小鳥用エサとかゲージとかを買ってきた。

 

グーグル先生が言うには、親鳥が近くにいれば、ヒナの鳴き声を聞きつけて世話しに来るらしい。で、ヒナが最初にいたフェンスのあたりに放して様子見。でも、親鳥は来ない。どこに行ったんだか。

 

夜は、ノラ猫がいて屋外は危険なので、玄関の中に入れた。できるだけ人に慣れさせないようにして自然に返したい。と、思っているのに、僕の手に飛び乗って、腕を伝って、肩に乗る。肩にスズメをのせて、パソコンに向かって仕事をしている僕って、あれだ、あれ、キャプテンハーロックだ。ちょっと違うな。

 

https://www.instagram.com/p/BWt6WCkgn4t/

 

産毛が抜けて、もう少し飛べるようになったら、自然に帰るんだぞ。帰れるかな?