believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

回想。性生活。嫁ちゃんと。

 

今日は忙しかった。でもブログに書くネタでもないので、下書きに入れっぱなしの記事を見直してみた。たくさんある。夜の夫婦生活系が多い。

 

・・ああ、こんな時代もあったねえ・・・

 

・・・って、これ、今年の正月の話だ。はるか彼方、大昔のような気がする。

こんな時代は、もう来ない気がする。

なので、公開しとこ。下系のネタです。完全に。

 

 

 

 

 

 

 

───────── ★★★ ─────────

 

元旦から姫初めを行った今年の正月は、嫁ちゃんと仲がいい。

正月二日の夜にして、今度は嫁ちゃんが僕のベッドにもぐりこんでくる。

清らからにハグした後、控えめにパンツの上からクリを刺激する。

ときおり、びくっと反応する。ああ、いい感じ。

すると嫁ちゃん、今度は僕のパンツを脱がすと、ぱくっとチン棒を咥える。

こんなことは珍しいのだ。

なんだろう、正月マジックか、どっきりか。

今度は僕がパンツの中に手を入れて、直接クリを刺激。

嫁ちゃん「くるしい・・」とつぶやくものの、なかなかイカない。

ならば、と今度は下にもぐって、舌でクリを刺激。

く、くるしい・・というが、まだなお、イカナイ。

すると、嫁ちゃん、自分でクリを触り始めた。

僕は嫁ちゃんの自慰をしばらく眺めることに。これでいいのか。

それでもイケないので、挿入することに。

挿入して、射精・・・あれ?射精しそうでしない。

でも、まあいいや。1回戦終了。

 

乳首を吸いながら、しばらく休憩。

そして2回戦。

嫁ちゃんがまだイッテいないのでこのままじゃ終われない。

舌で丹念にクリを責める。

そうするうちに、嫁ちゃんが小声で「後ろから、して・・」という。

そして、起き上がって四つん這い体勢に。お尻を僕に差し出す。

後背位で挿入。

後背位の時、てのひらで嫁ちゃんのお尻をぐっと開いて、チン棒を奥に奥に入れる。

嫁ちゃんの、アンって声がすごくいい。

そして、射精・・・あれ?射精しないなあ。

でも、まあいいや。

 

あれ、そういえば嫁ちゃんもイッテいないぞ。

最後にもう一仕事。

正座している僕の膝の上に、嫁ちゃんが背中を向けてまたがる。

自然と開く膣に沿って、指でゆっくりクリを責める。

すると・・・急に、あああーーー!ってイッた。

嫁ちゃん「なんだか急に来た」って。

こうして無事嫁ちゃんもイッた。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BDFmSznmhB5/