believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

玲子ちゃん(仮名)の夢

 

玲子ちゃん。

大学時代にバイトをしていたレンタルビデオ店の、常連のお客。

いや、正確には、常連のお客だったご夫婦の娘さん。

たしか、短大生だった。

 

常連夫婦とは顔なじみで、その流れで、玲子ちゃんとも仲良くなった。

たまにご飯を食べに行くようになった。

僕の狭いアパートに遊びに来るようになった。

 

そして寝た。

 

寝たものの、キスしようとすると、「ダメ」。

クンニしようとすると、「そこはダメ」。

挿入はOKなのに、キスやクンニはだめなの、不思議だな。

 

そして、コトが終わった後、

「あなたとセックスするのが夢だったの」

 

玲子ちゃんは、確かにそう言った。

「夢だったの」

 

いや、夢っていうのは、もっと大きくて、手が届かないことを言うんだよ。

映画スターとセックスするのが夢、っていうのならともかく。

僕と寝ることなんて、そんなのは夢じゃないよ、まったく。そう思った。

そう思ったことを覚えている。

 

玲子ちゃんとは3回、寝た。

 

「今度は、ホテルに行こうよ♡」

 そう言った玲子ちゃんと、結局、ホテルに行くことは無かった。

 

玲子ちゃんは仮名だ。本名が何だったか、まったく思い出せない。

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BCEf__iGhBo/