believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

タイトスカートのおしりを

 

郵便局で振込をしなきゃならない。あいにく土地勘のない場所だ。

車で走る途中、たまたま目についた郵便局に入る。

 

入り口でちょっと、ためらう。すごく小さい簡易郵便局だったから。

田舎の簡易郵便局にはATMが無いところが多い。

そこも、やっぱりATMは無かった。

 

入り口を開けると、ひとりだけ女性の事務員さんが。

「カードでお金、下ろせませんよね?」と聞くと、良美ちゃんは「大丈夫ですよ!」という。とても心地よい声で。

 

彼女が良美ちゃんかどうかは分からない。でも壁の「銀行業務担当者名」には"良美"と書いてあるから、多分、良美ちゃんだ。

 

笑顔が素敵だ。ATMは無いけれど、ここでお願いしよう。

良美ちゃんの指示通り、紙に名前を書いて、カードと一緒に出す。お金を下ろすのに、こんなやり方があるんだ。

 

紙に、口座名義とか口座番号とかを書いて、良美ちゃんに手渡す。

カードの名義と、僕の書いた名義が違いますよ、って新しい紙に書き直し。

カードの名義の通りカタカナで書いたら、漢字で書いてください、って書き直し。 

 

ああ、なんか、楽しいなあ。

美人の先生に怒られているみたいで。

 

良美ちゃんは、おそらく制服なんだろうけど、黒いタイトスカートだ。

処理してくれている間、カウンター越しに僕は、タイトスカートのおしりを眺めている。

 

きっと、防犯カメラに僕のマヌケづらが映っているけれど、まあいいよ。マヌケだし。

 

 

https://www.instagram.com/p/BULHscJARil/