believe in you いるかピー

だまって仕事してるとたまる愚痴やらをすっきりしたい。夫婦の性愛あり。ミドルエイジ歓迎。青少年にはおすすめできません。スミマセン

一番古い「ひとの嫁を、夜遅くまで連れ回してくれたな」の記憶?

 

以前、嫁ちゃんが、ある習い事をしていた。

嫁ちゃんたち生徒が、先生と懇親会という飲み会をする、と。

 

生徒さんは、おもに主婦。

先生は、少し年上のおじちゃん。

 

1次会はよかったが、2次会は、嫁ちゃんと、咲子さんと、先生の3人だけに。

咲子さんは、なかなかのグラマラスボディの近所のママ友。

咲子さんが、すっかり酔ってしまい、先生にもたれかかったりするので、嫁ちゃんは心配で帰れなかった、と。

 

咲子さんを送って、午前様になって、嫁ちゃん、帰宅。

酔っ払った咲子さんから、「週に何回くらい、するの?」とかいろいろ聞かれて、恥ずかしかった、と。

(あの咲子さんが、そんなことを言うなんて!)

 

 

数日後、僕が先生と顔を合わせた時、何気なく、

「先日は、夜中までお疲れ様でした」

と言ったんだけど、言った後で、あれ、なんか今の僕の発言って、

「ひとの嫁を、夜遅くまで連れ回しやがって(怒) 」的な、

いやみ発言に聞こえたんじゃないかな、と思うと心配になり、嫁ちゃんに聞いたところ、

「確かに、そうとも受け取れる」と。

 

でも、いまさら、

いや、さっきの発言は、別に、そんなに深い意味ではなくて、単にお疲れ様でした、ってことなんですよ。いやいやいや、、、

とか言い訳するのも、逆にヘンだよな、と思って、言わなかった。

 

しばらくして、嫁ちゃんも咲子さんも、習い事をやめた。

 

 

https://instagram.com/p/64dxLsGhFf/

 今週のお題「一番古い記憶」